忍者ブログ
http://kokuinohitsugi.blog.shinobi.jp/
黒き衣を纏い眠る吾 棺に横たわり黒で閉ざす 誰も腕を差し伸べて呉れぬなら       どうか此の孤独を、静寂を醒まさないで・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  

「警部さん、向こうで雷様がなってますよ」
耕助は事務所の窓から遠くの空を眺めている。
「耕助は、雷が嫌い?」
「好きとは言えませんね、戦争の時の大砲や爆撃の音に似ていますから」
耕助の瞳は眺めている灰色の空の様に曇った。
「すまなかった、余計な事を思い出させてしまったな」
等々力警部は後ろから耕助を抱き締める。
「んっ、くすぐったい」
等々力警部の唇が耕助の耳に触れた。
彼方では稲光が走って、その後から轟音が鳴り響いた。
「ひゃっ」
耕助が身を縮めて目をつむる。ははは、と等々力警部が笑って耕助の頭を撫でてやる。
「可愛いな、耕助は」
「警部さんは怖くないんですか?」
「私は平気ですよ」
等々力警部は耕助を胸に抱き寄せると接吻する。
「ぁんっ、あれ、甘い…?」
舌づたいにころんと耕助の口の中に丸いものが転がった。
「飴ですよ」
等々力警部が優しく微笑む。

サァァッ………。

厚い雲から大量の雨が降りだした。
「警部さん、もしかしてこれを狙ってました?」
「さて、何のことやら」
等々力警部は少し恥ずかしそうに頬を染めて笑った。
「でも、美味しいですね」
耕助は袖から出ている指先で唇に触れる。頬がほんのり赤く染まって可愛らしく笑った。等々力警部は耕助にまた接吻する。
「んっ」
「耕助…」
舌と舌で飴玉を転がしながら接吻を交わす。

この長雨の様に、長く、長く…。



甘ぁい(´∀`)甘すぐる。警部さんいやらしいしね(笑)
昨日バイト中、丁度雷と雨が降ってきたからネタにしてしまいたすた。
いつもながらぐだぐだな小説ですいません(´`;)

PR
trackback0  comment0
COMMENT
NAME
TITLE
COLOR / EMOJI
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
MAIL
URL
PASS
COMMENT
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ  [PR]
"黒天" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
黒天
性別:
非公開
趣味:
お絵描き 読書 カラオケ 買い物
自己紹介:
金田一耕助大好きな腐女子です(おい)
最近は古谷一行さんに萌える日々を送っています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
カウンター
アクセス解析
2017
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
09月
11月